いつもお疲れ様です。ごゆっくりどうぞ〜♪
台湾映画『君が最後の初恋』

Netflix映画『君が最後の初恋』ネタバレあらすじ感想・ラスト考察評価!台湾のチンピラの切ない恋愛

Netflix台湾映画『君が最後の初恋』は、心優しい借金取りのチンピラが、借金を背負う人の娘に一目惚れする恋愛+ヒューマンドラマ。

ありきたりで泣かせようとする設定が目に付く部分もありますが、ラストには理屈では測れない微かな光のようなものが残ります。

ネタバレあらすじ解説、率直な感想・評価を書いてきます。

スポンサーリンク

映画『君が最後の初恋』キャスト・作品情報

youtu.be

公開・制作国:2021年8月22日Netflix配信・台湾

監督:イン・チェンハオ

主演:ロイ・チウ/チャン・モンチェン役

出演:ティファニー・シュー/ウー・ハオティン役

出演:ツァイ・チェンナン/チャンの父親役

俳優ロイ・チウはドラマ『ハッピーメーカー』、映画『第九分局』、Netflix『先に愛した人』などで有名で、最近では妻夫木聡も出演した映画『唐人街探偵 東京MISSION』(2021)にも出ています。

女優ティファニー・シューは映画『The Tag-Along』などに出演しています。

ネタバレなし感想・見どころ

心優しいチンピラと純粋な女性が恋に落ちるベタベタな設定が大丈夫で、泣ける展開を楽しみたい人におすすめですが、映画に斬新さを求める人には向かないかもしれません。

※以下、映画『君が最後の初恋』のストーリーネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

『君が最後の初恋』ネタバレあらすじ解説

借金取りのチャン・モンチェンは乱暴者でしたが根は優しく、いつも街の自営業者たちの借金を割引していたので慕われていました。

ある日チャンは、入院中で寝たきりの老人ハオティンのところに借金の回収に行き、娘・ウーと出会います。

チャンは彼女の気の強さに一目惚れしました。

ウーを助けるため、自分と食事デートを何回かすれば借金をチャラにしてやると言いますが…。

映画『君が最後の初恋』ネタバレあらすじ

ウーはチャンを信用していませんでしたが、金の工面がつかず、何回かデートしました。

ウーの父が死に、チャンが葬式の手配を独断でします。ウーはチャンの優しさに気づき、2人は恋愛関係になりました。

農会で働くウーは、お金を貯めたらミルクティーの店を開きたいとチャンに話します。

チャンはウーのために、金貸の元締めであるツァイ姉御に足を洗うと言います。

しかし店舗を借りる金欲しさに、ツァイ姉御の闇賭博での悪巧みに全財産を出資することに。

計画実行日に賭博場は強盗に襲われます。

強盗はチャンの後輩でした。強盗自体がツァイの策略だと気づき、チャンはハメられたと絶望します。

チャンはウーの貯金まで注ぎ込んでおり、一文なしになってウーと喧嘩。飲んだくれて警察に暴行して捕まりました。

刑務所に半年服役して出所後、議員に立候補しようとしているツァイを脅して金を返してもらいます。

チャンはウーに金を返そうとしますが、受け取ってくれません。

チャンの父親は兄と暮らしていましたが、ボケ始めていました。チャンは「俺がいなくなったらウーの父親になってやれ」と父に言います。

ある日チャンが鼻血を出して道端で倒れ、発見したウーが病院に運びます。

チャンは長年の喧嘩などが原因で動脈瘤を患っていることを刑務所の医者に聞かされており、先が長くないと知っていたのです。

病院から出て行ったチャンを、ウーが追います。

ウーはチャンを抱き、どこにも行かせないと言いました。

Netflix映画『君が最後の初恋』で1番盛り上がるシーン

チャンは手術を受けることにします。

術後のチャンにウーが漫画(スラムダンク)を読んであげました。

しかし治療のかいなくチャンは死亡。

葬式には街中からたくさん人がやってきました。

数日後、床屋を営む兄の元にチャンからサインポール(円柱の看板)が送られてきます。

死ぬ前に注文していたのです。兄は涙を流します。

仕事終わりのウーのもとへ、チャンの父親がやってきます。2人はチャンの兄夫婦の家へ向かいました。

映画『君が最後の初恋』終わり。

スポンサーリンク

『君が最後の初恋』ネタバレ感想・評価

台湾映画『君が最後の初恋』

Netflix映画『君が最後の初恋』の評価は75点。

超ド直球な悲劇のラブロマンス佳作でした。

それなりに恋愛のドキドキや泣けるシーンもあってラストはよかったのです。

ただ悪い言い方をすればストーリー・設定が王道過ぎな印象。

完成度が低いということではないのですが、2021年公開ではなく一昔前の映画を観ているようです。

特に終盤は典型的な泣かせる設定が押し寄せてきて、“既視感”が感動を抑えてしまいました

登場キャラ設定などもオリジナリティがほとんど感じられなかったのも少し残念。

韓国映画『甘酸っぱい』ほどではなくとも、少しの意外性が欲しかったです。

スポンサーリンク

ラストシーン考察

ただ、ラストシーンで主人公チャンのボケてしまった父と恋人・ウーが一緒にいるシーンは感動しました。

ラストで、チャンの父親がウーの職場に来ています。

父親はボケていて、なぜ来たかわかっていません。しかし生前のチャンの「親父がウーの父親になれ」という言葉に突き動かされたのでしょう。

ウーの方も、父親の姿からチャンの優しさを感じ取っているようです。

父親が死んだ息子の代わりにその恋人を気に掛けるのも、恋人・ウーが死んだ恋人の家族を気に掛けるのも、冷静に考えると不思議な関係ではありますが、理屈を超えた感動が垣間見えました。

最後のまとめ

台湾映画『君が最後の初恋』は、よくあるシュチュエーションやキャラ設定が目立ちましたが、最後がじんわり心に残る作品でした。

台湾の街並みも楽しめましたし、コロナが落ち着いたらまた旅行に行きたいな〜と思うこの頃です。

Netflix『君が最後の初恋』レビュー終わり!

こちらもおすすめ関連記事



2021年ネトフリ公開映画・ドラマ

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com