いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
ゲームオブスローンズシーズン1エピソード2【王の道】ティリオン

小男ティリオンとクズ王妃サーセイ!ゲームオブスローンズシーズン1エピソード2【王の道】あらすじネタバレ解説・感想

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1エピソード2【王の道(The Kingsroad)】を視聴!

今回は意識不明のブランが起きるの起きないの?ってのと、ネッドとロバート(国王)の家族が揉める話。小男ティリオンやその姉・クズ王妃サーセイが活躍!

(前の話の解説記事↓)

cinemag.hatenablog.com

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1登場人物相関図

シーズン1の登場人物相関図。シーズン1の大まかな展開のネタバレありなので注意。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1登場人物相関図

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1エピソード2あらすじネタバレ

スポンサーリンク

あらすじ1:ドロゴ王とデナーリス、ドラゴンの卵

ドロゴ率いるドスラク人は各地を遊牧していた。

ドロゴに嫁いだデナーリスは、ペントスの豪商・イリリオから贈られた、石化したドラゴンの卵を希望に、日々を過ごすのだった。

デナーリスは、ドロゴに支配されるのではなく逆に支配してやろうと、下女からベッドでの営みについて学ぶことに。

スポンサーリンク

あらすじ2:ジョン・スノウと小男ティリオン

ネッドの私生児であるジョン・スノウはスターク家に別れを告げる。そして、叔父のベンジェンと壁を守るナイト・ウォッチに加わるため、グレート・ウォール(北の壁)へ向かった。ラニスター家の小男・ティリオン・ラニスターも旅に同行。

ティリオンは道中も、精神を鍛えるため本を読む。そしてジョンに、兄が前王を殺したと語った。

2人は雪が降りかかるグレート・ウォールを眼前にして、その大きさに圧倒されたのだった。

スポンサーリンク

あらすじ3:王の道の旅、クズ王妃サーセイ

ウィンターフェルの城主・ネッド(エダード)は、王の手(王の側近)になるため、娘のアリアサンサを連れ、ロバート(キング)の一族と共に、キングズ・ランディング(王都)へ向かうため王の道を進む。

ある日、ジョフリー王子とネッドの娘サンサが散歩していると、アリアと下男のマイカーが川辺でチャンバラゴッコをしているのを発見。ジョフリー王子は真剣を抜きマイカーをなぶろうとしたので、アリアは彼を棒でなぐった。

さらにアリアのダイアウルフ・ナイメリアがジョフリーに噛みついたので、事態が大ごとに。アリアはナイメリアを逃す。

審議の場が設けられ、ロバートは子どもの喧嘩だと場を収めようとしたが、王妃・サーセイが許さない。彼女は罰としてサンサのダイアウルフ・レディの殺処分を命令。

ネッドは外に出て、馬に引きずられて死んでいるマイカーを発見。繋がれているレディのもとへ寄り、ナイフで殺した。

あらすじ4:意識不明のブランはどうなる?

ジェイミーに塔から突き落とされたブランは、意識不明の状態でベットで眠る。

母・キャトリンは1ヶ月近くブランと同じ部屋で寝泊まりし、必死に看病する。

ある日、街で火事が起こり、キャットの側近や息子たちも出払う。

騒動の中、部屋に殺し屋が入り込み、ブランを殺そうとナイフを振り下ろした。

キャットがなんとかナイフを止めると、ブランのダイアウルフが殺し屋を噛み殺した。

キャットはブランが狙われる理由を不審に思い、彼が落ちた塔に登る。

すると塔の上で長い髪の毛を発見。先日妹から届いた手紙の件もあり、ラニスター家の陰謀だと考えた。

彼女はネッドに知らせるため、王の道をゆく。

そしてブランは、意識を取り戻した。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1第2話のブラン

GOT登場人物の本名とニックネーム両方覚える修行

シーズン1第2話では、登場人物は増えなくてホッとしたのだけれど、人物同士が急にニックネーム(短縮名)で呼び合い出した。

それを覚えないといけないのが辛い…。

英語圏の人なら、エダードのニックネームはネッドだね!とすぐわかるのだろうけど…。

シーズン1第2話ネタバレ考察/子どもの容態より軍務優先

ネッドは子どものブランが意識不明なのに、キングズ・ランディングへ向かう王の道へ旅立ってしまう。重体の子どもをほっぽって他の国に出張に行くなんて、現代日本じゃありえないぜ!

しかし、ゲーム・オブ・スローンズの世界では、王に忠義を誓っているので軍務が優先なのだろう。

みんな刀を振り回している野蛮な時代だから、子どもの死亡率も高く、仕方ないという考えも生まれるかもしれない。

クズ王妃サーセイ!でもGOTの世界では当たり前?

ゲームオブスローンズの王妃サーセイ

ロバートの妻、王妃サーセイがクズ女だった。

弟で浮気相手のジェイミーが突き落としたブランに死んで欲しいと願い、暗殺者を送る。

さらに、アホ王子ジョフリーを可愛がるあまり、レディを殺処分。下男のマイカーを殺せと言ったのも彼女だろう。

でも、主従関係が厳しいこのゲーム・オブ・スローンズの世界では、彼女のような人間が、むしろ多数派なのかもしれない。

家来が主人に危害を加えたら、死刑が当たり前みたいな。

身分が低いお手伝いさんは人間じゃないという…。中世ヨーロッパもこんな感じだったのだろう。こんな世界では、現実はいつも厳しい。

シーズン1第2話感想/ラニスター家の星!小男ティリオン

ティリオン・ラニスター

ゲーム・オブ・スローンズを2話見て、今のところ共感できるキャラクターはティリオンだけ(あ、あとアリアも!)。

ティリオンは娼館が大好きな下世話な男だけど、本を読みまくって精神を鍛え、何かの役に立とうとしている。ラニスターは、ジェイミーとサーセイはクズだけど、ティリオンは違うようだ。

今後の彼の活躍に期待大!

ゲーム・オブ・スローンズシーズン1の次の話

cinemag.hatenablog.com

こちらもおすすめ関連記事