いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
『エルカミーノ:ブレイキング・バッド』

つまらん駄作『エルカミーノ:ブレイキング・バッド』ネタバレ酷評・考察!トッド太った?映画の解説や感想

Netflixで超期待して視聴した映画『エルカミーノ:ブレイキング・バッド THE MOVIE』。

2013年のドラマ完結直後のジェシー逃亡劇が回想と共に描かれているだけで、期待を超えるものは何もなくがっかりした。ブレイキング・バッドのよさの影も形もない。

この記事では感想や、何がダメだったか徹底解説・考察していきます!

※ネタバレを含んでいます。

スポンサーリンク

エルカミーノ:ブレイキング・バッド THE MOVIEは駄作?ネタバレ感想・酷評

エルカミーノ:ブレイキング・バッド THE MOVIE主演アーロンポール

個人的な意見で本作が好きな人には申し訳ないが、エルカミーノにはとてもがっかりした。

この映画はオリジナルドラマの完全な続編で、『ブレイキング・バッド』シーズン5まで観ていないと理解できない内容だ。ということはファンに向けていると考えていい。

ネット上にはファンは楽しめるとのレビューも多いが嘘だろっ!絶対に落胆するだろコレ。

ストーリー性もテーマ性も薄い、ジェシーの逃亡劇でしかなかった。ブレイキング・バッドの良いところが全部削り取られていた印象だ。

次は、エルカミーノの酷評の具体的にダメな点を挙げていく。

エルカミーノ:ブレイキング・バッドのダメなとこ解説

スポンサーリンク

無駄なシーンのオンパレード

エルカミーノにはとにかく無駄なシーンが多かった。ジェシーの友人・バッジャーが車に乗り込んで出発するシーンが10秒以上あったり、警察車両がたくさん通るシーンが長かったりと、特に前半は「これこんな尺いらなくない?」と感じる場面がたくさん。

ストーリーに重要でもなく、登場人物の感情を叙情的に映しているわけでもないので、尺伸ばしとしか思えない

スポンサーリンク

アウトフォーカスがくどい

エルカミーノの映像の特徴として、背景をぼかして人物を際立たせたり、逆に背景にフォーカスを当てるなどアウトフォーカスが多かったが、使われ方がイマイチだった。

目が疲れる印象の方が強い…。

スポンサーリンク

あっと驚かせるシーンがない

ジェシーピンクマン

ブレイキングバッドの見どころである、“あっと驚くようなピンチからの逆転”が1つもなかった。ジェシーが最後に拳銃を1丁ポケットに隠していたシーンも、だれでも予想できて全く驚きがない。

トッドが太りすぎ、スキニーがおじいちゃんに!

2013年にブレイキングバッドシーズン5が完結してから、6年経って制作されたのでしょうがない部分はあるが、トッド役の俳優ジェシー・プレモンスの太り具合が気になった。ちょっとはダイエットすればいいのに、時間がなかったのだろうか?

ジェシーの友だち・スキニーもあからさまに年を取っていて、不自然だった。時間経過でいえば、彼だけ1年でおじいちゃん化!

おじいちゃん化したスキニー

ドラマへの蛇足感が強い

ウォルター・ホワイトの解説記事でも説明した内容だが、ジェシーはドラマの最終回で監禁から解放され、ウォルターの死とあいまって叫び声をあげる。

この終わり方について実にさまざまな解釈ができて面白いのだけど、エルカミーノはわざわざその後の可能性を否定するような内容で、がっくりきた。普通に逃亡してトッドが隠してた金見つけて、エドに頼んでアラスカに行くだけっておい…。

新しいテーマがない、もしくは矮小

銃を構えるジェシー

本作のテーマがジェシーの葛藤と新しい旅立ちということなら、薄すぎると言わざるを得ない。なぜならそのテーマは、ドラマの最終回でジェシーが叫んだときにある面、解消されているからだ。

視聴者の中で答えを感じられたものをあえて続編化し、新しいテーマもない。

過去のウォルターやマイクとの回想があり、人との繋がりに救われるテーマと考えることもできるが、2013年以前のドラマ本編にはもっと深いテーマがいくつもあったので、今さら人の繋がりを持ってこられても矮小感がすごい

エルカミーノネタバレ考察/なぜドラマ完結直後の続編を描いた?

ドラマ完結直後のジェシー

なぜ、エルカミーノはドラマ完結直後を描いたのか?

  • ウォルターが死んでいるので出られない
  • キャストの体型や見た目が変わっている
  • ドラマを見てない人は意味不明

など、デメリットがたくさんあるのに。

どう考えても成長したジェシーの生活を描いた方が見応えあるものになっただろう。

もしくはジェシーとウォルターが組んでいた過去の新しい内容でもよかったと思う。ソウル・グッドマンが出てもよかったかもしれない。

なぜヴィンス・ギリガン監督はドラマ最終回直後のストーリーにしたのか?だれもよろこばないと思う。

あとラスト、結局逃がし屋・エドによってアラスカに行く結末も、ウォルターの二番煎じだし、ウォルターのように救われないのではないかという印象で終わってしまう。

ブレイキング・バッド関連記事

『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンが7年ぶりに主演を努めたドラマ『Your Honor/追い詰められた判事』←ネタバレ解説記事!!

こちらもおすすめ関連記事