CATEGORY

ブックレビュー

読んだ本の感想や考察レビューです。

  • 2022年4月18日
  • 2022年4月25日

小説『元彼の遺言状』ネタバレ考察・感想ラストがつまらないし動機が意味不明,ブックレビュー

小説『元彼の遺言状』を読んでみたので、感想を書きました(ラスト結末までネタバレ全開)! CineMag 結論からいうと、設定はめちゃくちゃ面白いけどストーリー結末はつまらないという微妙な作品でした。 刊行日:2021/01/08・著者:新川帆立・第19回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞! 本作についての読者アンケートもお願いします↓ 元彼の遺言状・関連記事 斬新な犯人選考会の設定 栄治が死亡 […]

  • 2019年10月7日
  • 2022年4月24日

夏目漱石『こころ』毒舌書評!ネタバレ考察!ラスト感想あらすじ評価,つまらない?

夏目漱石の『こころ』は、なぜかずっと敬遠していたのだが、本屋で見かけて「名著だから読んでおくか」というくらいの気持ちで買って読んでみた。 個人的な感想なので本当に許して欲しいが「めちゃくちゃつまんなかった!」 僕は本は好きだが、読むのが早い方ではないので、結構な時間を費やしてつまらなかったらつい腹を立ててしまう。しかし、ここでは僕の習性はひとまず置いておいて、 なぜ名著『こころ』がつまらなかったの […]

  • 2019年10月1日
  • 2022年4月24日

小説『人間失格』ネタバレ考察・ラスト解釈!感想あらすじ評価,太宰治の社会生活コメディ解説

夏目漱石の『こころ』と共に、日本で最も読まれている小説と言われる『人間失格』。 小栗旬や沢尻エリカで『人間失格 太宰治と3人の女たち』として映画化などもされている。 1948年の刊行当初から大きな波紋を呼び、現代に至るまで、常に話題の一線に居続ける作品である。 この小説が何を伝えたかったのか、一般的な解説を述べると共に、それに付け加える形で、『人間失格』の構造的な秘密や“喜劇“的な観点に注目して考 […]