いつもお疲れ様です。映画やドラマの考察記事をごゆっくりどうぞ〜♪
Netflix映画『アーミー・オブ・シーブズ』

Netflix【アーミー・オブ・シーブズ】ネタバレあらすじ感想!オタクの金庫破り映画酷評・続編解説

Netflix映画『アーミー・オブ・シーブズ』(Army of Thieves)は、ザック・スナイダー監督のゾンビ映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』の前日譚を描いたもの。

前作にも登場した金庫オタクの変人・ディーター(セバスティアン)が、美女グウェンが率いる盗賊グループと伝説の金庫を破るアクション・コメディです。

ぶっちゃけ感想・酷評ネタバレあらすじ解説制作決定となった次回作の予想・考察をしてみました。

CineMag
オタクが金庫を破るシュールさが素敵で、映像も素晴らしいのですが、ミッションがシンプルすぎて見応えがなかったのが残念。

Netflix『アーミー・オブ・シーブズ』は楽しかった!?(投票どうぞ!)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

Netflix『アーミー・オブ・シーブズ』キャスト・作品情報

公開・制作国・上映時間:2021/10/29・アメリカ・129分
原題:『Army of Thieves』
監督:マティアス・シュヴァイクホファー
脚本:シェイ・ハッテン/ザック・スナイダー
制作:デボラ・スナイダー/ザック・スナイダー
今回ザック・スナイダーは監督ではなく、脚本の原案と制作で関わっています。

セバスティアン|マティアス・シュヴァイエファー

ルドウィック・ディーターを演じる俳優マティアス・シュヴァイエファー

セバスティアンはドイツで暮らす寂しい独身男性。金庫破オタクで、金庫についての動画をYoutubeに投稿していますが、視聴者はゼロ。

後日譚の『アーミー・オブ・ザ・デッド』では、アメリカに渡り、ルドウィック・ディーターという名前で金庫開錠の仕事をしています。

スポンサーリンク

グウェンドリン|ナタリー・エマニュエル

グウェンドリンを演じる女優ナタリー・エマニュエル

グウェンドリン(通称グウェン)は、盗賊集団を率いる女性。国際指名手配されています。金持ちの父親がゲスだったため、家出して金持ちから物を盗むようになりました。

女優ナタリー・エマニュエルはゲーム・オブ・スローンズのミッサンディ役で有名な人。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想・見どころ・あらすじ

Netflix『アーミー・オブ・シーブズ』の金庫を開けるシーン

 

恋人も友達もおらず、自宅とオフィスを行き来する退屈な毎日を送っていた変人・セバスティアン。TVはアメリカのゾンビ発生でもちきりです。そんな中、伝説の金庫についての動画を投稿すると、ある人物からメッセージが入り、難攻不落の金庫破りを手伝うことに…

というストーリー。

ゾンビが発生し出した時期の話ですが、場所はヨーロッパでゾンビは出てきません(夢に登場)。ジャンルは普通のクライムコメディです。

個性的な登場人物にテンポの良いストーリーですが全体的にどこか薄っぺらく「暇なら見れば」くらいの微妙な完成度です。

おすすめ度77%
映像・世界観85%
ストーリー79%
IMDb(海外レビューサイト)6.4(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト69%(100%中)

※以下、映画『アーミーオブシーブズ』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

映画『アーミー・オブ・シーブズ』ネタバレ感想・酷評・考察

映画『アーミー・オブ・シーブズ』

Netflix映画『アーミー・オブ・シーブズ』の評価は78点。
ドイツなど欧州のオシャレな街並みを横目に、オタクと変人たちが伝説の金庫破りのミッションに挑むコンセプトは素晴らしかったです。
特に、「地下格闘技?」と思いきや金庫を開けるスピードを競う展開はシュールで個人的にツボでした。
また、主人公セバスティアン(ディーター)のオタクキャラが印象深くて素敵。ナタリー・エマニュエル演じたヒロイン役のグウェンも素敵です。2人とも絵になるんですよね。
ただ、肝心の金庫破りのミッションのワクワク感がオーシャンズシリーズなどと比較して足りなかったのが残念。
セバスティアンが芸術作品たる金庫を破っているシーンは、扉の奥で絡み合ういくつもの美しい歯車を映像で見せたりして、まあそれなりに見応えがあります。
一方で、その金庫にたどり着くまでの流れが雑というか、あっさりすぎ。ハッカーのコリーナが銀行の監視カメラを操作して、グウェンがセバスティアンを金庫まで連れて行く流れはちょっと単純に感じました。
ちなみに、3つの金庫を開けるミッションのタイムリミットが96時間というのは『アーミー・オブ・ザ・デッド』と同じ設定ですね(タイムリミットの緊張感があったわけではなく、効果的とは言えませんが…)。

映画『アーミー・オブ・シーブズ』ネタバレあらすじ解説

ドイツのポツダムで退屈な受付事務の仕事をこなすセバスティアンは、子供の頃から金庫の構造に取り憑かれており、自分で金庫破りの技を日夜磨いていました。

Youtubeで金庫破りについて語る動画をアップしますが、誰も見てくれません。ある日1通のコメントが来て、セバスティアンの腕を試したいと書いてあります。

セバスティアンが相手の住所へ行くと、地下闘技場のような場所で金庫破りのスペシャリスト8人が錠を破るゲームに参加させられました。周囲の観客は賭博をしていました。セバスティアンは緊張しながらも、優勝。

翌日、セバスティアンは昨夜会場で見かけた美しい女性・グウェンドリンにカフェで会い驚きます。彼女はセバスティアンを尾行していたのです。

グウェンは作曲家・ワーグナーの楽劇ニーベルングの指環をもとに数十年前に天才金庫製作者のハンス・ワーグナーが作った、ラインゴルトワルキューレジークフリートの3つの金庫が、世界がゾンビ化する混乱によって96時間後にジュネーブに移送されて破棄されると話し、その3つの金庫を破るメンバーに加わってくれないかと話します。

金庫の現在の所有者はブライ・タナカです。

セバスティアンはその金庫の伝説を知っており興奮し、迷いましたがグウェンのアジトヘ行きました。

天才ハッカーのコリーナ、天才ドライバーのロルフ、自称リーダーでグウェンのボーイフレンドのブラッド・ケイジがいます。

セバスティアンを入れて5人になった盗賊集団は、最初の標的である金庫ラインゴルトがあるパリへ。

グウェンが客を装って銀行に入り、セバスティアンを招き入れ、なんとかラインゴルトを開錠することに成功しました。セバスティアンは歓喜します。

金庫を開けるセバスティアン

メンバーはアジトでパーティーをしてはしゃぎました。

セバスティアンはグウェンに恋心を抱き、自分が子供の頃に考えた金庫破りの冒険ヒーローの名前がルドウィック・ディーターだと語ります。

過去にブラッド・ケイジに撃たれたインターポール・ドラクロワ警部は、彼らの強盗事件を聞き、部下のビアトリクスらと逮捕のために躍起になりました。

セバスティアンたちは2番目の金庫ワルキューレがある、プラハの銀行にやってきました。

コリーナが監視カメラの映像を操作し、職員に化けたセバスティアンが銀行に入って行きます。金庫の前に警備兵がいましたが、グウェンが銃で殴って倒しました。

セバスティアンは1回はミスったものの、ワルキューレを開け大喜び

監視カメラの映像で侵入がばれたので、ブラッド・ケイジが上階で銀行強盗をして時間を稼ぎました。

ケイジは警備員に撃たれたものの、なんとかロルフが運転する車に乗り込みます。グウェンが走って乗り込み、セバスティアンも飛び乗ろうとしましたが、ケイジに突き落とされました

1人道に残されたセバスティアンは自転車で警察の追跡を交わし、列車に飛び乗って逃げ切ります。

ケイジはどうせ計画ではセバスティアンを裏切るつもりだったと言い訳をしますが、グウェンは怒り、車をおりました。コリーナもついて行きます。

セバスティアンが落ち込みながら自分のアパートのドアを開けると、グウェンとコリーナがいます。2人は謝罪をし、最後の金庫ジークフリートを狙いたいと言いました。3人は金庫があるスイス・サンモリッツのカジノに行きます

金庫の輸送を監視していたドラクロワは、金庫が時間より前にすでに輸送されていることに気づき怒り狂います。

コリーナが警察を装ってカジノの職員を騙し、グウェンが輸送車を襲って運転手になりすまして運び出していたのです。

 

グウェンが装甲車の運転をしながら、セバスティアンが荷台で金庫を開けようと奮闘。

グウェンを探していたケイジが携帯でGPSを使ったため、グウェンたちが走っている場所が警察にばれました。コリーナはグウェンに逃げろとメッセージを送り、逮捕されてしまいます。

グウェンが装甲車のスピードを上げ車内が揺れる中、セバスティアンはなんとかジークグリートの開錠に成功。設計者のハンス・ワーグナーが妻子に先立たれて自ら設計した金庫に入り死んでいった話を思い出し、彼のことをしっかり理解できたと感慨深い思いに駆られました。

ケイジたちが追いついてきて銃を向けますが、グウェンはあらかじめ彼の撃針を抜いていたので、逆に銃で脅して彼らを装甲車に繋ぎます。

セバスティアンとグウェンはさらに逃亡して車の中でキス。そのあと湖からボートで逃げようとします。しかしドラクロワ刑事が追いついてきました。

逃げられないと悟ったグウェンはセバスティアンは凡人だから逃がしてくれと交渉し、ドラクロワも了承。

セバスティアンはいつかグウェンと4つ目の金庫・神々の黄昏を開けると誓い、ボートで逃亡しました。

エンディング

数年後、アメリカに渡っていたセバスティアンはルドウィック・ディーターと名乗り、“鍵と金庫のグウェンドリン”というお店を経営しています。

ブライ・タナカの金庫・神々の黄昏を開けてくれと、スコット(デイヴ・バウティスタ)らが依頼をしてきました

Netflix映画『アーミー・オブ・シーブズ』END!

続編映画『プラネット・オブ・ザ・デッド』の内容予想

アーミー・オブ・ザ・デッド』と今作『アーミー・オブ・シーブズ』の続編となる、映画『プラネット・オブ・ザ・デッド』(Planet of the Dead)の制作が決まったようです。

アーミー・オブ・ザ・デッド』はザック・スナイダー監督の良いところと悪いところが顕著に現れた作品で、映像は個性的・ゴージャス・スタイリッシュ!とかなりすごいのですが、そのぶんストーリー・脚本がボロボロという残念な映画でした。

なので次作『プラネット・オブ・ザ・デッド』は、映像にプラスして、プロットも練って欲しいです…。

セバスティアン(ディーター)が生きている!

続編の『プラネット・オブ・ザ・デッド』についてザック・スナイダー監督は、「ディーター(セバスティアン)が生きているかも…」とネタバレしています。

ディーターは『アーミー・オブ・ザ・デッド』で仲間のヴァンを金庫に入れて助け、自分はゾンビ王にとっつかまって死んだと思われていました。生きてたんですね!

まあでも続編『プラネット・オブ・ザ・デッド』が制作されるなら、主人公はディーターが1番でしょう。

CineMag
恐らく本作で捕まったグウェンを助けに行くストーリーになるのでは。

最後のまとめ

映画『アーミーオブシーブズ』はキャラクターも設定も好きだったのですが、ストーリーがちょっと単純すぎて、そこがすごいもったいと思います。(『アーミー・オブ・ザ・デッド』と同じ欠点ですね…)。

でも次回作はザック・スナイダー監督なら映像は絶対すごいでしょうし、ディーターも追いかけたいキャラクターなので上手くシリーズでの人気を勝ち取って欲しいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。Netflix『アーミー・オブ・シーブズ』レビュー終わり!

映画のネタバレ感想・関連記事

関連記事

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』 はムキムキの軍人たちが、金を強奪するために知能のあるゾンビと激しい戦いを繰り広げるグロアクション!記事ではネタバレあらすじ解説や、ストーリー酷評、よかったアクションシーン考察などをし[…]

『アーミー・オブ・ザ・デッド』
関連記事

オーシャンズ8、オーシャンズの続編かあ、女性だけでチーム組んで泥棒ってなんか面白そうじゃん!と何気ない気持ちで観てみると、持ってもいないポッポコーンを画面に投げつけそうになった。これだけの豪華女優陣で作ってしまったのだ。駄作としか言[…]

映画オーシャンズ8

おすすめの関連記事