Netflix映画『愛は、この日を迎えて』ネタバレ感想・超つまらないエロ駄作考察・酷評,キャストあらすじ解説

Netflixポーランド映画『愛は、この日を迎えて』(365 Days: This Day )は、イケメンマフィアと結婚した美女がトラブルに巻き込まれ、別のイケメンが現れて取り合いになるエロ残念な作品。

CineMag
隙あらば男女が脱ぎだして絡み合う…映画として見た場合、ストーリー性ゼロの超駄作です。派手に地雷踏んじゃいました!

作品情報・キャスト・あらすじ・見どころネタバレ感想想・ぶっちゃけ評価なぜこんな作品ができたのか考察を知りたい人向けに映画をわかりやすくレビュー・まとめています。

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目からどうぞ)

作品についての視聴者アンケートも投票お願いします↓

Netflix映画『愛は、この日を迎えて』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

映画『愛は、この日を迎えて』作品情報・キャスト・サントラ

公開・制作国・上映時間:2022/04/27・ポーランド・1時間51分
英題:『365 Days: This Day』
ジャンル:官能ヒューマンドラマ
監督:バルパラ・ピアウォヴァンス/トマシュ・マンデス
脚本:ブランカ・リピンスカ/トマシュ・マンデス/モイツァ・ティルス
原作:ブランカ・リピンスカ「This Day」

配給:Netflix

Netflix配信映画『愛は、365の日々で』(2020)の続編です。

登場キャラ・キャスト

ラウラ役|cast アンナ=マリア・シエクルッカ

マッシモ役|cast ミケーレ・モローネ

オルガ役|cast マグダレナ・ランパルスカ(Netflix『ジャジャ馬ならし』)

ドメニコ役|cast オタル・サラリゼ

スポンサーリンク

劇中曲・サントラ

スポンサーリンク

『愛は、この日を迎えて』ネタバレなし感想・あらすじ・見どころ・海外評価

あらすじ:ポーランド人の美女ラウラはマフィアのマッシモと結婚することになり、イタリアで結婚式をあげます。親友のオルガも現地にきて幸せいっぱいです。マッシモと体の相性は抜群でお互いに求め合っていました。しかしある日、彼が別の女性と浮気をしているのを目撃し、事態は一変…。

よく調べもしないで視聴した僕も悪いですが、駄作にすら値しないただのエロPV作品。

ストーリーがないので、そもそも映画という括りかも微妙です…。

海外サイトIMDbでは10点中2.7点。

Rottentomatoesの批評家評価は驚異の100%中 0%!低いというか0点です…。

感想を語る犬
退屈すぎておすすめできません…。エロい映像作品が好きな人向け。
おすすめ度2%
リゾート感70%
ストーリー4%
IMDb(海外レビューサイト)2.7(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)批評家0% 一般20%

※以下、Netflix映画『愛は、この日を迎えて』のストーリーネタバレありなので注意してください!

スポンサーリンク

Netflix映画『愛は、この日を迎えて』ネタバレ感想・酷評

Netflix映画『愛は、この日を迎えて』の主人公ラウラと旦那マッシモ

©︎Netflix

ポーランド・ラブロマンス映画『愛は、この日を迎えて』の評価は5点(100点中)。
CineMag
美女を2人のイケメンマフィアが奪い合う薄っぺらすぎる内容。

本作を映画と捉えた場合、超クソ駄作となります。

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』が全然マシなレベル。

まあ、欲求不満な女性をターゲットにしたエロPV作品なのでしょう。

それならネトフリの視聴画面で映画のカテゴリーにしないで欲しかったです。

感想を語る犬
騙されて地雷踏んじゃいました。

しかも『愛は、365の日々で』(2020)の続編なのに、タイトルも違いますし、続編だとわからない不親切さ。(続編って書いとけよ…)

久しぶりにNetflixに怒り心頭でした。

オープニングからテラスで主人公ラウラとイケメン・マッシモの見せつけセックスが始まり、そのあとも事あるごとに男女が絡み出して、イケイケの音楽が流れます。

感想を語る犬
隙さえあれば脱ぎたがる連中ばかりでうんざりしました。

男女が絡んでいないときは高級スポーツカーでドライブのシーンです。イケイケ過ぎて終始イライラが止まりません。もちろん趣味はサーフィンです。

そんなワンパターンなシークェンスの連続のあと、気づいたら主人公が撃たれて死亡ラスト

感想を語る犬
なんじゃこりゃ…?

家庭と昔の男の間で揺れるNetflixドラマ『セックス・ライフ』(2021)も内容は薄っぺらかったですが、本作よりはまだストーリー性や主人公の葛藤が垣間見えました。

考察:女子の夢を詰め合わせたコンセプト作品

イケメンだけどバッドガイ、そんなマッシモと結婚したラウラ。家事はするなと言われ、ダラダラしているのですが退屈すぎて不満タラタラです。

彼の束縛がウザいと思っている矢先に浮気を目撃。(実際はマッシモの双子の弟の画策)。ショックで家を飛び出すとすぐに2人目のイケメン・ナチョが都合よく現れて逃避行します。

ナチョの家もプール付きで超豪華。ビーチリゾートにも案内されます。しかしナチョは旦那マッシモと敵対するマフィアの御子息でした。

CineMag
“私”のためにイケメンマフィアたちが争う素敵なシュチュエーション(笑)。

いろんな男と遊びたい。どこへ行っても豪華な暮らしをしたい。みすぼらしい場所では過ごしたくない。もちろん家事はノーセンキュー

そんな女性の願望がすべて詰め込まれたファンタジー作品が『愛は、この日を迎えて』です。

別に女性の願望を叶えるのはいいのですが、主人公ラウラの心の成長とか少しは描けば?と感じてしまいました(本作が好きな人はすいません)。

マッシモからアパレル会社をプレゼントされ、そこで着せ替えごっこするシーンなども、いかにも女性の憧れっぽいですね。

胸元の露出度が高い女性従業員も一緒にシャンパンを飲んでいます。

感想を語る犬
なんじゃこの会社…。

Netflixではしばしばエロ系映画・コンテンツが投稿されます。

女性の欲望を叶えるためだけのコンテンツを作る必要があるのはわかります。需要はあるのでしょう。

ならひとこと説明に“コンセプト作品”と添えてくれませんか?

そしたら、わざわざ見ないので。

映画のくくりで、見どころがエロオンリーの作品を発信するのはどうかと思いました。

普通にストーリーのある映画を見たい層が幻滅して離れていくだけです。

僕の声よNetflixへ届け!

最後のまとめ

Netflix『愛は、この日を迎えて』は、“エロいPVの詰め合わせ”という、映画を見るつもりで見ると最悪な作品でした。

映画にセクシー要素があるのがダメとは思いませんが、個人的にAVと混同したような作品は作って欲しくないです。

CineMag
境界線が曖昧になってエロがメインの映画ばかりが作られる未来は、映画好きからしてみればディストピアでしかありません。

ここまで読んでいただきありがとうございます。映画『愛は、この日を迎えて』レビュー終わり!

Netflix配信作品やポーランド映画ネタバレ感想・関連記事

関連記事

Netflix映画『ジャジャ馬ならし』はアメリカで研究していた女性が彼氏の浮気にブチキレて故郷ポーランドへ帰り、自分が所有する土地を巡ってイケメンとのトラブルに巻き込まれる物語!CineMag純粋で勝ち気な女性がワケあり[…]

Netflix映画『ジャジャ馬ならし』
関連記事

Netflix映画『シニアイヤー』(Senior Year)、イケイケのチアリーダーが昏睡状態になり、20年後に目覚めて高校に通い出すという衝撃作!笑と共にタイムカプセルを開けたときのような感動があふれ出す。レベル・ウィルソンのパン[…]

Netflix映画『シニアイヤー』