Netflix映画『パルフィメア禁断の調香』ネタバレ感想・考察/ラスト結末のメッセージ!つまらない評価

Netflix映画『パルフィメア禁断の調香』(Der Parfumeur)。嗅覚を喪失した女性刑事と、驚異的な嗅覚を持つ調香師が対峙し悲劇の歯車が回り始めるドイツのサスペンス作品!

パトリック・ジュースキントの有名小説「香水 ある人殺しの物語」を原作としています。

CineMag
サスペンスとしてもアート作品としても中途半端…。全くハマれませんでした。

作品情報・キャスト・あらすじ、ぶっちゃけ感想・酷評ラストのメッセージ考察を知りたい人向けに徹底レビューしていきます!

(前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。お好きな項目から読んでください)

作品についての視聴者・口コミアンケートも投票お願いします↓

Netflix映画『パルフィメア禁断の調香』は面白かった?(投票どうぞ)

View Results

Loading ... Loading ...

 Netflix映画『パルフィメア禁断の調香』作品情報・キャスト

公開・制作国・上映時間:2022/09/21・ドイツ・96分
原題:『Der Parfumeur』英題:『The Perfumier』
ジャンルサスペンス
監督:ニルス・ヴィルブラント
脚本:ニルス・ヴィルブラント/ツィママン
原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」1985年

ベストセラー小説「香水 ある人殺しの物語」を原作とする映画としてトム・ティクヴァ監督の『パフューム ある人殺しの物語』(2006)がありますがこの作品のほうが今作『パルフィメア禁断の調香』よりも壮大で面白いです。

登場人物・キャスト紹介

登場人物キャスト
サニー

刑事。新天地に引っ越してきた。田舎の家で暮らすのが夢。

エミリア・シューレ

 

ドリアン

驚異的な嗅覚を持つ調香師。生まれたときから強烈な体臭を持ち、それが原因で母親に嫌われる。

 

ルードヴィヒ・シモン

ユーロ

サニーの恋人。妻子があり、家庭とサニーの間で揺れている。

ローベルト・フィンスター
レックス

ドリアンの相棒。女性を殺して汗腺を切り取る殺人鬼。

アンネ・ミュラー

映画『パルフィメア禁断の調香』あらすじ

刑事のサニーは嗅覚を感じられない女性。

サニーはユーロという男性と駆け落ちし、新しい土地に引っ越してきます。

車で移動中、サニーはヒッチハイクしていた若い女性を乗せました。

後日、その女性が工事現場の大きな穴の中で遺体で発見されます。

脇や陰部など汗腺が切り取られていました。

そして本物の愛を得られる香水を作り出そうとする狂気に満ちた調香師・ドリアンと、彼を手伝う殺人鬼レックスの関与が判明。

サニーはレックスを張り込み、手がかりをつかもうとしますが、愛の香水の魔力に踊らされて…。

ネタバレなし感想・海外評価

小説「香水 ある人殺しの物語」をモチーフに、舞台を現代に書き換えた作品。

抽象的なメッセージは光っていますが、サスペンスとしてもアート作品としても中途半端な感じは否めません。

味付けの薄いB級映画が好きな人以外には向かないでしょう。

海外レビューサイトの評価も予想通り低めです。

おすすめ度35%
独特な世界観60%
ストーリー42%
IMDb(海外レビューサイト)4.9(10点中)
Rotten Tomatoes(海外レビューサイト)※随時更新批評家 %

一般の視聴者 %

※以下、『パルフィメア禁断の調香』のストーリーネタバレありなので注意してください!

映画『パルフィメア禁断の調香』ネタバレ感想・評価

Netflix『パルフィメア禁断の調香』の評価は45点。

全体的に悪い夢を見せられているような心地いいとはいえない感覚。全然ハマれませんでした。

良かったのはオープニングだけですね。

ミレーの有名絵画「オフィーリア」をモチーフにした沈みゆく女。そして、大きな穴の中に横たわる裸の死体。シンプルにアートとして美しかったです。

シネマグ
よっしゃあ久々のアート作品じゃあ!と思いきや…
アート的な映像表現にこだわるタイプかと思いましたが、それ以降に目を見張る映像はあまり出てきません。
そして肝心のストーリー。
嗅覚が全くない主人公・サニーと狂気の調香師・ドリアンの対比というコンセプトは素晴らしいものの、主要キャラの性質が2人とも特殊すぎて感情移入がなかなか難しいのです。
小さい頃から誰にも愛されず、女性を殺してその臭いを集めて香水を作るドリアンというキャラクターについてはまだ把握できます。
しかし刑事のサニーが嗅覚喪失者で、嗅覚を取り戻すために狂人ドリアンに師事する流れが強引な気がしました。
妊娠したから生まれてくる子供のために嗅覚を取り戻したい!というのはわかります。
だからって、連続殺人鬼に匂いについて教わろう!という流れになるのはしっくりきません。
感想を語る犬
冒頭でサニーが車に乗せた女性がドリアンに殺されて泣いていたのに、ドリアンに対しての憎しみの感情が少なすぎるのもあります。
サニーの嗅覚の異常は先天的でなく後天的だったと中盤に後出しされるのも微妙でした。後天的な嗅覚異常の人が抱える葛藤というのは余計に想像しにくいです。
サニーは7歳のときに風邪で嗅覚喪失したらしいですが、コロナがモチーフになっているのでしょうか。
いずれにしろ、嗅覚が完全に喪失するというのはかなりレアケースのようなので、風邪でそうなるのはリアリティに欠ける気もします。
風邪だけでなく、なんらかのショッキングな出来事があってその記憶を封じていたから臭いがしなかった。というのも説明はされるのですが具体的な過去は明示されず、視聴者の想像にまかされます(考察で詳しく解説)。
展開については、狂気の調香師であるドリアンと、その協力者・レックスの行動が結構ズボラで緊張感のカケラもありませんでした。
刑事サニーにすぐにアジトがバレて捕まったり、思い出の場所を燃やされたりと、基本的にサニーが張り込み→すぐにアジトがバレるというパターンしかないのが残念でした。
ラストも、本物の愛の香水を作りたいドリアンがサニーを誘き寄せ、サニーが化学物質の瓶を割ってドリアンに嗅がせて嗅覚を失わせて絶望させるという微妙なもの。
抽象的に考察すると味わい深いかもしれませんが、少なくとも表面上は全く面白くない結末でした。

考察(ネタバレ)

調香師ドリアンとサニーの相補性

ドリアンとサニーはお互いにひかれあう存在として描かれています。

2人の性質的な対比を見ると面白いです。

  • 嗅覚のないサニー 抜群の嗅覚を持つドリアン
  • 愛を求めるサニー 同じく愛を渇望して香水を作るドリアン

M・ナイト・シャマラン監督の『アンブレイカブル』的な考え方をするなら、サニーの嗅覚が失われたのはドリアンが驚異の嗅覚を持って生まれたからかもしれません。

プラスマイナスのシンクロニシティです。

そして物語の結末は、サニーが嗅覚を取り戻してドリアンが失う逆の関係で終わります。

シネマグ
2人のうち一方は幸せになれない運命なのか。抽象的なメッセージを汲み取ると感慨深いですね。

主人公サニーの行動原理

サニーは孤独な女性として描かれています。彼女の過去は7歳で嗅覚を失ったというだけでなく理解者がいなくて辛い思いをしたのでしょう。
隣人で親から暴力をふるわれていたシュテファンを助けていたことから、家庭内トラブルがあったのかもしれません。
冒頭で新天地にやってきたことから、以前暮らしていた場所で問題を起こしたのかもしれません。
ただ、展開がややざつなこともあって彼女の過去のトラウマが浮かび上がってくるほど物語にのめり込めなかったというのが正直なところ。

最後のまとめ

Netflixサスペンス映画『パルフィメア禁断の調香』は、アーティスティックなコンセプトは素晴らしいものの、展開がざつすぎて没入感が薄い微妙な作品でした。

感想を語る犬
全体的に味付けも薄く、カルト映画としてもイマイチだと思いました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。『パルフィメア禁断の調香』レビュー終わり!

2022年9月公開・Netflixオリジナル映画

関連記事

Netflix『エンド・オブ・ロード』(End of the Road) L.A.からテキサスへ車で向かう黒人一家がある事件を目撃したことで予想外のトラブルに巻き込まれていくロードムービー。CineMagきました!Net[…]

Netflix映画『エンド・オブ・ロード』