いつもお疲れ様です。ごゆっくりどうぞ〜♪
Netflix映画『ブラック・アイランド』

Netflix映画『ブラック・アイランド』ネタバレあらすじ感想!復讐者は女教師?評価・メタファー考察

Netflix映画『ブラック・アイランド』(Black Island)は、美しい女性教師がドイツの北フリースラント諸島に赴任し、生徒たちが悲惨な事件に巻き込まれていくサスペンス。

美しい島の景色が楽しめてストーリーもつまらなくはないですが、ツッコミどころが多くて個人的に良作とまでは行きませんでした!

キャスト、ネタバレあらすじ解説、オチやメタファーについて徹底考察してみました!

スポンサーリンク

映画『ブラック・アイランド』キャスト・作品情報

youtu.be

公開・制作国:2021年8月18日/Netflix・ドイツ

監督:ミゲル・アルシャンドル

脚本:ミゲル・アルシャンドル/リーザ・ホーファー

主演:フィリップ・フロワッサン/ヨナス役

出演:アリス・ドワイヤー/女教師ヘレナ・ユン役

出演:メルセデス・ミュラー/ニナ役

ヨナス/リップ・フロワッサン

ヨナス/リップ・フロワッサン

ヨナスはドイツの北フリースラント・アルムル島で暮らす高校生。

文学が好きで詩を作っています。

スポンサーリンク

ヘレナ・ユン/アリス・ドワイヤー

ヘレナ・ユン/アリス・ドワイヤー

ヘレナ・ユンは突然アルムル島の高校に赴任してきた国語教師。

ヨナスの詩の才能を褒め、彼に近づきます。

アリス・ドワイヤーは、『The Girl with Nine Wigs』などで有名なドイツの女優。

スポンサーリンク

ニナ/メルセデス・ミュラー

ニナ/メルセデス・ミュラー

ニナはヨナスの同級生。ヨナスとは両思いです。

色っぽいヘレナ先生にムカついています。

※以下、映画『ブラック・アイランド』のストーリーネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

『ブラック・アイランド』ネタバレあらすじ解説

映画『ブラック・アイランド』の復讐者ヘレナ

ドイツ・北フリースラント諸島(北フリジア諸島)の海辺に住む老婦人が、黒い大型犬に咬み殺されます。

高校生のヨナスは犬に殺された祖母の葬式で、久しぶりに祖父・ハンゼンを見かけました。

その4ヶ月後、自動車事故でヨナスの両親が死亡。ヨナスは泣き崩れました。

ヨナスは祖父ハンゼンの家で暮らすことに。

『ブラック・アイランド』ネタバレあらすじ

1年後。ヨナスの高校に事故にあったマイネケ先生の代わりに、ヨナス・ヘレナという国語教師が赴任します。

ヘレナはヨナスの詩の才能を認めました。

ヨナスはヘレナの自宅に詩を見せに行き、彼女のセクシーさに我慢ができず、男女の関係になります。

元々教育者だった祖父・ハンゼンは、スピーチの最中にヘレナの姿を見て何故か倒れました。」

ヨナスと恋仲にあった女子生徒・ニナは、ヘレナに嫉妬していました。

ハンゼンがヘレナを見て倒れたのを不審に思い、図書館で卒業アルバムを見ていると、彼女そっくりのマリア・ロートという女性が1985年の本校の教員として、ハンゼンと一緒に写っています。

ヘレナはニナが秘密を知ったのを見て、彼女の首を締めて殺害。他の生徒や教員たちにバレないように車に乗せ、干潟に捨てました。

ニナの死体を干潟に捨てたヘレナ 映画『ブラック・アイランド』

ヨナスはニナが死体で発見されたと聞いて失望します。

祖父ハンゼンはまた発作をおこし、病院に運ばれました。

ヨナスは友達のフロやユーレとネットで調べ、マリア・ロートが1989年に島の干潟で死体で発見されていたと知ります。

家に帰ると、ヘレナが勝手にしゃべれなくなっている祖父を自宅療養に切り替えて、病院から運び込んでいました。

正体を見せたヘレナ (映画『ブラック・アイランド』ストーリーネタバレ)

ヘレナはドラッグ入りのコーヒーをヨナスに飲ませ、庭の池に沈めようとします。

全ては母・マリアと愛人関係にありながら、母を選ばなかったハンゼンに復讐するためです。

ヘレナはハンゼンの娘で、マリアが彼に殺されたと考えていたのです。

ヨナスはなんとか池から逃げ家の中へ。ヘレナが追ってきて首を絞めます。ヨナスは割れたガラスでヘレナの胸を突き刺して殺しました。

祖父は、過去にマリアからの手紙をヨナスに見せます。

ヨナスはマリアが殺されたのではなく自殺だと知りました。

ヨナスはアムルム島から離れようと、フェリーに乗ります。

ある女性が地図を指差して、なぜ「アルムル島が黒く塗られているの?」と尋ねました。

ヨナスが触ると、黒い汚れが指先につきます。

Netflix映画『ブラック・アイランド』END!

ストーリーのオチ考察

Netflixオリジナル映画『ブラック・アイランド』

ヘレナが主人公・ヨナスの祖父・ハンゼンの娘で、ハンゼンが過去に母を殺したと勘違いしていたというオチでした。

マヨルカ島で休暇中のマイネケ先生を事故に合わせたのももちろんヘレナ。

ちなみに主人公・ヨナスたちが暮らしているのは、フリースラント諸島のアムルム島です。

ブラック・アイランドは何のメタファー?

最後にヨナスが乗ったフェリーの地図でアムルム島が黒く塗られていましたが、これは島に来るときに恨みを持ったヘレナがやったのでしょう。

ハンゼンがヘレナから恨まれ、そこに巻き込まれたヨナスもヘレナの復讐に蝕まれてしまったことのメタファーになっているのだと思います。

アムルム島はヘレナの復讐心に覆われて、ブラック・アイランド(黒い島)になってしまったのでしょう。

本来は美しい島であるはずが、復讐心が黒く見せてしまう。

この抽象的なメッセージは詩的で美しいですね。

『ブラック・アイランド』ネタバレ感想・評価

映画『ブラック・アイランド』の登場人物ニナ

Netflix映画『ブラック・アイランド』の評価は75点くらい。

美しい島の景色は見どころがありましたが、ツッコミどころが結構あるサスペンスの佳作でした(ツッコミが多い点は同時期公開のNetflix『スイートガール』と共通…)。

個人的には、冒頭で大きな黒い犬にヨナスの祖母か追いかけられて襲われるシーンがピーク。

あとは、ヘレナがハンゼンの娘だった展開や、ハンゼンがヘレナの母マリアを殺してないとわかるシーンは切なくて良かったです。

ただまあ、見どころはそれくらいでしょう…。

ヘレナが図書館で女子生徒・ニナを殺し、本棚の下に隠し、誰にも見つからずに運び出すシーンなどは、リアリティがなくてちょっと笑えました。

ヨナスの両親を殺すシーンにしても、対向車線に正面から突っ込んで事故ってくれるとは限らないですし、ご都合主義ですね。

あとは黒い犬にしても、小さな島であんなの飼ってたら確実にバレるでしょう。

解せなかったのは、なぜニナが絞殺だと誰もわからなかったのか。

死体が水で膨れたとしてもそこまで時間は経ってないですし、首に絞めた跡が残るはずですよね。

ヘレナにしても、母の死体に外傷がなく自殺だと後で調べてわからなかったのでしょうか?

付き合ってた祖父・ハンゼンが殺したのではなく、自殺かもと考えなかった理由が不明です。

アルムル島は全長10km程の小さな島らしいので、解剖医などがいないのでしょうか。

それにしても死体があれば外部から検視官を呼ぶはずですし、ご都合主義が多すぎですね。

最後のまとめ

ドイツ映画『ブラック・アイランド』は、美しいアルムル島の景色を堪能しつつ、ツッコミどころの多い復讐譚が繰り広げられる佳作でした。

もうちょっとリアリティがないと、ストーリーにのめり込めないと思いました。

とはいえ、この映画で日本にいながらドイツの北フリースラント諸島の素晴らしさを知れたという意味では価値があるでしょう。

スカンディナヴィアのドラマ『カトラ/katla』などもそうですが、地産サスペンスが今後はやりそうですね。

Netflix『ブラック・アイランド』レビュー終わり!

こちらもおすすめ関連記事



ドイツ映画・ドラマおすすめ

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

cinemag-eiga.com

Netflixおすすめ作品

cinemag-eiga.com