いつもお疲れ様です。ごゆっくりどうぞ〜♪
NO IMAGE

Smells Like Maniac 第7話 この感情は殺せない

スポンサーリンク

CineMagオリジナル小説 前の話

cinemag.hatenablog.com

Smells Like Maniac 第7話 この感情は殺せない

〜クリス編〜

食事のあとはカルロからのポーカーの誘いを断り、クリスはバーカウンターでグラスを拭いているアレハンドロを見つけ、カウンターに腰を降ろした。彼になぜ自分の部屋に行かないのか尋ねると、いつも通りここで酒に囲まれていた方が落ち着くという。クリスはジェームズが飲んでいたウィスキーを頼むと ブッカーズが出てきた。もう一つグラスを出させ、彼にも注ぐ。アレハンドロは少し口をつけると表情が緩み、このホテルにポーカーをしにくる大物の話や、自身の出生を語った。

メキシコ系の二世だと言った。彼の父親は内戦に 反政府軍として参加していたらしい。

しばらくすると、シャーリーがやってきてクリスの隣に座る。昨日と同じ笑顔だった。シャーリーもカクテルをオーダーする。
「酷いことに巻き込まれてしまったね」思ってもないことを言ってしまった。彼女の仕事や趣味など、他に話たいことがいくらでもある。

こんな状況なのに異常な思考だと思われないか心配だった。
「それ、気を遣って言ってるのがバレバレ」シャーリーは少し間を開けて笑いながら言った。

いつの間にかアレハンドロはボトルを置いていなくなっていた。こんなに笑ったのはいつ以来だろう。彼女も屈託のない笑顔を浮かべ、お互いのグラスは何回も触れ合っている。

クリスはカクテルを持とうとしたシャーリーの手に触れた。指先の冷たさを感じる。彼女は何も言わずに見つめてくる。抱き寄せてキスをした。

スポンサーリンク

CineMagオリジナル小説 次の話

cinemag.hatenablog.com

オリジナル小説・コラム・ボヤキ・書評の最新記事4件