いつもお疲れ様です。ごゆっくりどうぞ〜♪
NO IMAGE

Smells Like Maniac 第6話 満ちているのは狂気か?それとも…

スポンサーリンク

CineMagオリジナル小説 前の話

cinemag.hatenablog.com

Smells Like Maniac 第6話 満ちているのは狂気か?それとも…

〜クリス編〜

ソフィアの死体を見たあと、体の奥が一気に熱くなった。冷めたかと思ったが暖炉の熾火おきびのように残っている。クリスは図書室でノートを片手に思い浮かんだデザインを描いていた。完璧ではないが、今までの自分の 固定観念を超えられそうなデザインが描けそうな気がする。気がつくとロバートも居て、本を選んでいる。 哲学書を探しているようだ。暫くすると話しかけてきた。

「こんなところでお絵描きなんかして、もし俺が暗殺者だったらどうするんだ」
「せめてあと半年待ってくれと頼む、かな」
「俺の親父が言ってた。本の知識は身を守るとね。二、三冊服の下に忍ばせておけ」ロバートはそう言って、 ニーチェの『善悪の悲願』をテーブルに置いた。

彼もソフィアとジェームズの死で、何かインスピレーションを得たのだろうか。
「クリス、どう思ってるんだ」
「何を?」
「あんな悲惨な事件があった後に、ここで絵を描いて遊んでいることをさ」
「わからない」
「わからないだと」
「人の死は中東で何度も見てきた。はじめのうちは、吐き気を催すような漠然とした悪だと思った。しかし、次第に何も感じなくなった。感じなくなることでしか、生きられないと頭のどこかで悟ったんだ。でもソフィアの死体を観たとき、 イラクのときとまったく別の感情が胸に灯ったんだ。うまく言えないが、慈愛のようなものを感じてしまった」
「人が命を失ったんだぞ。なんだその物言いは」
「すまない」クリスはそれしか言えなかった。見ると、ロバートは顎を触りながら笑っている。
「いじめるような口調ですまない。ちょっとからかって見ただけだ。俺もあのソフィアの死体がどうしても、君が考える悪とやらには見えなかった。なぜだか不思議な力が宿っている気がしてな」
「善悪の先に何かあるのかな」
「さあな。人が死んで殺人の悪、死体の醜悪を見るのは簡単だ。でも俺と君は、深淵の先にある答えを出さなければいけないのだろう。その答えが出たら本格的に書きはじめてみるさ」ロバートがクリスの目を見ながら言った。

「ところで君は、ずいぶんと楽しそうに描いていたじゃないか。なかなかいい出来だ。そろそろ ホワイトハウスのデザインを変えてくれよ。テレビのニュースで見飽きてしまった。そうだな、色は黒く塗ってくれ」ロバートは本をペラペラめくってそのまま部屋を出た。その本は置きっ放しだ。ロバート自身が散々悩んできたことなのか、さすがは物書きだ。単語の一つ一つが生きている気がする。

またひとりになり、しばらく部屋を眺めていた。彼女の死体を見たときの情景と感動がありありと浮かんでくる。赤い血が白く滑らかな雪で覆われているあの曲線。クリスの頭の中であるデザインが描かれた。忘れないうちに急いでスケッチをする。時間はかかるかもしれないが、いつか必ずこれを建てよう。

〜ロバート編〜

クリスとのお喋りを終え、ロバートは部屋の窓から外を眺めていた。雪以外何もない。こんな場所ならアルコールやドラッグに溺れずとも、本を書くことができるのかもしれないと思った。ハンナはちゃんと学校へ行っているだろうか。それとも今は冬休みなのか。それすらもわからない。家族と別れてから4年。連絡を取ることも少なくなっていた。

もともとはロバートのアルコール依存が原因だ。世間に忘れ去られ、何を書いても当たらない時期が続き、心身ともに疲弊していた。そして酒を飲み、一度だけ娘に暴言を吐いてしまった。その事実がロバートには許せなかった。離れて暮らすようになってからはドラッグも常用するようになり、シラフでいるのはギャンブルをしに行くときだけだった。

19時過ぎにレストランへ行くと、すでにみんな集まっている。
「まったく、俺のホテルでこんなひどい事件が起きるとは」カルロが高そうなブランデーをテーブルに乗せた。バーテンのアレハンドロに持ってこさせた赤ワインを見て、シャーリーが驚いて嬉しそうな顔をしている。かなりいい物なのだろう。異様だ。現実ではなくどこか違う世界にいるのかもしれないとロバートは思った。メインはエルクの ヒレ肉の ロッシーニ風。昨日よりもシェフの腕が振るわれている気がする。こんな事件があっても、以外とみんな食欲はあるようだ。夢中で食べている。それにしてもなぜこんなに美味しいんだろう。

胃袋が満たされてボーッとしてくると、ロバートはクリスについて考えはじめた。喋りかけると丁寧に答えてくれるが、何か大きな闇に覆われて彼の実体が見えていない。ときどきそんな錯覚に襲われた。ソフィアやジェームズの死体を見て、神経が参っているせいかもしれないが、他の人物と話してもそんな感覚にはならないし、食欲もある。クリスは何かを抱えている。それでもロバートは友達として彼が好きだと思った。

〜イドリス編〜

旨い酒と料理が振る舞われ、徐々にみんなの声が大きくなっていく、不思議と最後の晩餐の絵ような悲壮な雰囲気はない。俺は弁護士だぜと言ったらみんなはどんな顔をするだろうか。そう考えると急に楽しくなってきた。ここは法を武器に汚い口論をする場所ではないんだ。食事が終わり、カルロについてくるように誘われた。地下室に立派なポーカーテーブルがある。ロバート、ユーシュエン、アン、ケイトも座り、テキサス ホールデムが始まった。トランプは久しぶりだったし職業柄、賭博は久しくしていない。「俺は弁護士だ」気がつくとイドリスは大きな声で言っていた。ロバートやユーシュエンが冗談言うなと笑い、カードが配られる。俺は弁護士だ、相手のブラフを見抜くことなんか朝飯前さ。

ゲームはゆっくり進んで行く、みんな人生で見てきた過激な話や深い悩みに興じていた。イドリスはなかなか勝てなかったが、頭の片隅で警察へどう証言すればいいか明日は一人一人にアド バイスしてやろうと考えた。

スポンサーリンク

CineMagオリジナル小説 次の話

cinemag.hatenablog.com

オリジナル小説・コラム・ボヤキ・書評の最新記事4件